お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

アトラクターズ・ラボ/丸紅のマンション価格落ちにくい

  • 2012.09.13
 アトラクターズ・ラボは12日、売り主別に中古マンション価格の騰落率をまとめた。2011年に売り出された中古と01年以降に分譲された新築時の価格を付きあわせて新築時からの騰落率を算出してランキングにした。



 単独売り主別のトップは2年連続で丸紅(平均騰落率プラス1.8%)だった。2位は野村不動産(同マイナス1.5%)、3位が東急不動産(同マイナス1.5%)と続いた。4位はゴールドクレスト(同マイナス1.9%)、5位が三井不動産レジデンシャル(同マイナス3.4%)となった。野村不と東急不の騰落率は同じだが、サンプル数の多い方が上位。売り主にJV幹事会社も合算してのランキングでも丸紅が1位だった。平均騰落率は前年のマイナス5.5%からマイナス8.8%と低調だった。



 住戸サンプルの総数は2万7848件で、30以上のサンプル棟数があるデベロッパーのみをランキング対象にした。
TOP