お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

戸建て住宅の受注金額プラスに/住団連業況調査

  • 2003.11.11
  • お気に入り
 (社)住宅生産団体連合会がこのほどまとめた平成15年度第3回「住宅業況調査報告」によると、会員社の7月から9月の注文住宅の総受注金額が6四半期ぶりにプラスに転じたことがわかった。\n この調査は、法人会員の支店・展示場等の営業責任者に対して3カ月ごとに住宅市場の業況感(対前四半期の実績及び見通し)を聞くもの。戸建注文住宅については146件の回答があった。\n 戸建注文住宅の全国実績は、平成15年7月から9月の受注は前四半期に比べ棟数がプラス19、同金額がプラス6と、ともにプラスだった。とくに金額は関東地区で28%が「10%以上上がっている」と答えている。
TOP