お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

新築マンション購入意欲が減退/アトラクターズ・ラボ調べ

  • 2008.07.25
  • お気に入り
 不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ(東京都千代田区、沖有人社長)は25日、マンション購入検討者の意識調査を行ったと発表した。4月~6月までの期間で新築マンションの販売センターを訪れた人に対し、現在の住宅価格などについて質問したもの。有効回答数は183件。



 調査によると、現在の物件価格を「高い」とした回答は全体の56%。4月調査時より3・4ポイント拡大した。また価格が高くて諦めた経験があるという回答は83%と前回より8ポイント拡大し、価格高騰が購入意欲の障害になっている様子がうかがえる。あきらめた物件を再度購入するには「2割超」の価格下落が必要とする回答が63・3%(前回調査比4・4ポイント拡大)となった。



 同社では、「前回調査時よりも物件の価格水準と消費者の値ごろ感の差が大きくなっている」と分析している。調査は今年から開始したもので、四半期ごとに発表している。
TOP