お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

柏の葉キャンパスでスマートシティ実現へ本格始動

  • 2011.07.12
 千葉県柏市でスマートシティの実現に向けた本格的な取り組みが始まった。7月12日、行政をはじめ、開発事業を担う三井不動産、東京大学と千葉大学が共同で新たな街づくりを目指しており、都内で共同説明会を開催した。エネルギー・地球環境問題や高齢化社会への対応、経済再生の3つをテーマにプロジェクトを推進する。



 本格開発が進むのは柏の葉キャンパス駅前148街区。未利用エネルギーの活用とエネルギーの複線化を実現した複合開発が2014年春までに完了する予定だ。ここでは賃貸住宅やホテル、ホール、コンファレンスなどで構成する「ホテル・住宅棟」と、大学との研究研究や新産業創出の拠点として「商業・オフィス棟」を建設する。



 スマートシティの核となるのが「エリア・エネルギー管理システム(AEMS)」。ホテル・住宅棟にAEMSの管理・運営を行う「柏の葉スマートセンター」を設置する。地域防災機能と合わせて148街を含むエリア全体(敷地12万7000平方メートル)の発受電量と消費電量を一元的に管理する仕組み。地域全体のエネルギーの「見える化」を実現することで、電力供給のひっ迫時には緊急メールを発信するほか、停電回避に向けた対策を提案するといった省エネ活動の促進を狙う。



 説明会に出席した三井不動産の岩沙弘道会長は、「14年以降も地域街づくりが進むなかで、管理できる地域を拡大していく。23年には区画整理が完了するため、30年には柏の葉エリアをほぼ全域カバーしたい」と話した。将来的にはAEMSのエリアと機能の拡大を進めてスマートグリッド機能を実装したネットワーク構築もめざす。
TOP