お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

三菱地所レジデンス/追浜の高台に709戸、先行開発の事前案内開始

  • 2011.07.28
 三菱地所レジデンスは7月30日から、横須賀市で開発中の「ザ・パークハウス追浜」(総戸数709戸)の事前案内会を開始する。敷地5万4000平方メートルに5棟構成で開発するもので、販売活動を始めるのは先行開発の2工区分・278戸になる。9月3日にモデルルームを一般オープンし、同下旬から1期を発売する。100戸以上を売り出す見込み。



 同プロジェクトは、最寄り駅である京浜急行線の追浜駅から臨める高台(標高59メートル)の山林を切り開いてコミュニティを創出する。総開発面積は8.8ヘクタールにおよび、歩車分離方式の新設道路(12年5月完成予定)のほか、マンション敷地内の自走式駐車場の屋上に庭園を設置したり、高台の斜面を活用した庭園や散策できる庭園などを整備する。緑地率は約35%に達する。公開空地も設け、地元住民との交流を促す。



 物件の最大の特徴は、高台を生かし20階相当の超高層マンションと同様の眺望が得られ、周囲の街並みや緑、富士山などを臨むことができる点。



 マンションはA~Eまで5棟を建設。今回の先行発売は、「パークフォート」(119戸)と「マウントサイドフォート」(159戸)の2棟で、共に地上8階建て。12年9月下旬に竣工する。残り431戸は来年6月以降から順次着工する予定。



 住宅プランはオール電化住宅で全35タイプをそろえる。間取りは2LDK~4LDK(専有面積72~94平方メートル)。1期発売は2400万円台~4000万円台で、中心価格帯は2700万円台。坪単価は130万円前後。事前案内会はすでにお盆までの2週間分が満席状態(135件)といい、8月20日からの追加案内の告知も始めた。属性は地元30%のほか、都内や千葉といった広範囲に及ぶ。20代後半から30代前半までの層が反応を示している。資料請求など事前問い合わせは約600件あった。
TOP