お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

町田の大型分譲戸建て「リーフィア町田小山ヶ丘」が景観協定/小田急不動産

  • 2012.10.23
 小田急不動産が東京都町田市で開発中の大型戸建団地「リーフィア町田小山ヶ丘(総区画数196戸)」が、町田市で初となる景観法に基づく景観協定の認可を得た。

 住民が守る景観上のルールを分譲に先立って定め、将来にわたって良好な住環境を保ち、街全体の資産価値を維持する取り組み。



 街区内の住宅は、関東ローム層と同じ色調の赤い屋根と緑の映える薄いベージュの外壁をベースに、外観デザインに寒色系カラーを使うことを一定程度制限した。屋根は10分の1以上の勾配を持たせ、2階建て・高さ10メートル以下で建築。外構の半分は生垣や透過性のあるフェンスを設置して植栽などの維持管理を求め、開放感と緑を感じる街並み形成に役立てる。高さ7メートル以上のアンテナや屋外広告物の設置には制限を設けた。



 「町田小山ヶ丘」はJR橋本駅から徒歩21分。緑地が残る多摩丘陵の緑を生かしながら、4・3ヘクタールを開発する。電線類は地中化し、緑地と連続する外周部を緑化して公園・広場を設置。街区内は石積みと芝生で起伏を設け、景観協定で定めたルールによって建物の形状や色合いがそろった開放感と統一感のある街並みを形成する。

 土地面積は150~188平方メートル。11月中旬に第2期18戸を発売する。
TOP