お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

「秋葉原ITセンター」の超高層ビル「秋葉原ダイビル」が着工

  • 2003.05.08
  • お気に入り
 政府認定の「都市再生緊急整備地域」のひとつである東京・秋葉原で8日、「秋葉原ITセンター」(仮称)の超高層ビル「秋葉原ダイビル」が着工。現地で起工式と祝賀会が行われた。\n 秋葉原ITセンターは、IT関連産業の世界的拠点を目指し、JR秋葉原駅前で整備が進んでいる都市再生プロジェクト。ダイビルが施主の同ビルは、地上31階・塔屋1階・地下2階、高さ147.5メートル、延床面積約5万平方メートルの超高層ビルで、産学連携機能を集約し、様々な研究・教育活動が行われる。竣工は17年3月予定。なお、エヌ・ティ・ティ都市開発と鹿島が施主の「UDXビル」は、今年8月着工、18年3月竣工の予定。\n 式典では、ダイビルの広瀬忠邦社長が「同ビルは秋葉原再生のランドマークでありITセンターのトリガー(引き金)。3年後には24時間活動する世界的IT拠点になる」と抱負を述べた。来賓の石原慎太郎都知事も「秋葉原を、世界の『核』に再生してほしい」とエールを送った。
TOP