お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

長谷工コーポレーション/通期業績下方修正、最終赤字60億円に

  • 2009.02.12
  • お気に入り
 長谷工コーポレーションは、09年3月期の連結業績予想について、マンション市況の低迷を踏まえ、売上高を従来の5800億円から5080億円(前期比31・8%減)、営業利益を310億円から170億円(同69・5%減)、経常利益を280億円から135億円(同74・6%減)、純損益を165億円の黒字から60億円の赤字(前期223億8400万円の黒字)に下方修正した。マンションの工事受注が落ち込むほか、自社の保有物件の売却にも遅れが発生することが主な要因。

 破たんした日本綜合地所グループへの工事債権など119億円の回収不能見込み額59億円を含め、貸倒引当金繰越額約90億円を特別損失に計上する見通しだ。

 また、12日に発表した第3四半期業績は、最終損益が33億600万円の赤字だった。第3四半期累計期間での棚卸資産の評価損63億円を計上した。

TOP