お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

清水建設など/名古屋市で免震タワー211戸開発

  • 2011.01.28
 清水建設と清水総合開発は、名古屋都市計画大井町1番南第一種市街地再開発事業の特定業務代行者として総戸数211戸の分譲マンション「ヴィークタワー名古屋東別院」を開発する。1月28日から資料請求の受け付けを始め、5月から発売する。



 規模は地上29階建て延べ2万7143平方メートル。周辺の住民が利用できる商業店舗との複合開発。総戸数211戸のうち、205戸が分譲対象となる。住戸プランは間取りが1LDK~4LDKで、専有面積57~127平方メートル。価格は未定。



 共用施設として宿泊可能なゲストルームや眺望が楽しめるスカイラウンジを20階に設けるほか、キッズルームやキッチン付きのパーティールームを備える。コンシェルジュも配する。防災倉庫やトランクルームも設置する。



 地震対策として免震構造を採用するほか、建物の骨格を成す部分には100年の耐久性を持つ高強度コンクリートを用いる。



 最寄りの交通は地下鉄名城線の東別院駅で、出入り口からエントランスまで6メートルとほぼ駅直結物件となる。完成は2013年1月の竣工を目指す。
TOP