お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

全宅連/流通市場活性化をテーマに11月実務セミナー開催

  • 2012.10.10
 全国宅地建物取引業協会連合会は11月から全国26会場で不動産実務セミナーを開催する。「中古住宅流通市場活性化」をメーンテーマに、市場活性化実現の中核を担う宅地建物取引業者の総合コンサルティング機能の強化に向けて①「中小宅建業者の今後の事業展開のあり方」②「インスペクション等関連事業者に関する知見」③「Facebook活用の可能性」の3つのセミナーを開く。



 基調講演には、国土交通省の土地・建設産業局不動産業課長の野村正史氏を招き、「持続可能な国土づくりに向けて不動産業が目指すべき方向について」と題して行う。①では「これからの中小不動産業の進む道とは」(中城康彦・明海大学不動産学部長)②は「中小不動産業にとっての『インスペクション』とは」(西生建氏・既存住宅インスペクター教育研究会代表理事)③は「Facebookを不動産業に活かす」(熊坂仁美氏・ソーシャルメディア研究所代表)と題し、それぞれ実施する。



 開催日と会場は次の通り。

▽11月13日/代々木ゼミナール校舎など全国24会場一斉開催▽22日/愛媛県・愛媛不動産会館▽27日/沖縄県・浦添市産業振興センター結の街

 1人当たりの受講料は、①都道府県宅建協会会員とその従業者が3千円(税込)②その他が5千円(税込)



受講申込は、全宅連ホームページから

(http://www.zentaku.or.jp/public/training/seminar/2012.html)



■問い合わせ先=全宅連不動産実務セミナー担当まで。電話・03-5821-8112
TOP