お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

アーバンコーポレイション 経常前回予想より41.3%増の226億円、開発物件が順調

  • 2005.11.28
  • お気に入り
 アーバンコーポレイションは11月25日、「2006年3月期連結通期」の業績予想を修正した。売上高688億円(前回発表予想比5.1%減)、経常利益226億円(同41.3%増)、当期純利益150億円(同42.9%増)。不動産流動化事業において、下期に売却を予定している同社開発物件が当初の計画を上回る価格水準で売却できる見通し。また、東京美装興業の株式売却に伴う売却益が約15億円発生した。08年3月期の目標としていた経常利益200億円を上回る水準となった。これにより、07年3月期以降の目標は詳細が固まり次第発表する。
TOP