お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

株式評価損で連結利益15億円減/東急不動産

  • 2003.04.16
  • お気に入り
 東急不動産は、15年3月期業績予想を修正した。単体では売上高が2265億円(15億円増)、経常利益110億円(35億円増)としたが、保有銀行株の評価損65億円、子会社株評価損17億円を特別損失計上し、当期利益は27億円減の23億円に。\n 連結では、東急ハンズや工事請負系の営業が苦戦など10億円の減益要因があり、経常利益は200億円(25億円増)。単体の子会社株式評価損により減益幅は縮小し、当期利益は45億円(15億円減)。\n
TOP