お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

金融機関や不動産会社向けにマンション評価システムを共同開発 アットホームとタス

  • 2007.11.14
  • お気に入り
 アットホーム(東京都大田区、松村文衞社長)は不動産評価サイト「TAS-MAP」を運営するタス(同中央区、浅野健一社長)と共同で「マンション評価システム」を開発。11月15日から両社の会員である金融機関や不動産会社、一般企業向けにサービスを開始する。

 ヘドニック手法を用いて求めた理論価格をもとに、当該マンションの販売履歴と周辺の類似マンションの販売事例の地域特性を加味して目的の住戸の評価額を導き出すもの。当初は1都3県でサービスをスタート、順次拡大していく考えだ。

 理論価格算出ロジックの構築は明海大学不動産学部による。いくつかの項目を入局すれば、最短1分程度で検索から結果表示まで処理することができるという。評価レポートを作成して顧客に提示する営業ツールとして活用することも可能。評価レポートの内容は評価額や物件概要だけではなく、そのマンションの販売履歴や賃貸履歴、所在エリアの価格帯グラフなど。

 利用料金は1件あたり2100円。

TOP