お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

2002年首都圏マンション供給ランキング/ベスト3に大京、三井不動産、ゴールドクレストの順 有楽、日本綜合地所がベスト10入り

  • 2003.04.24
  • お気に入り
 本紙がまとめた「2002年首都圏分譲マンション供給ランキング」調査がほぼまとまった。\n 供給1位は、4849戸を供給した大京。前年より戸数を約1300戸減らした。2位は2978戸の三井不動産。前年より戸数を若干減らしたが、順位は同じ。3位は、2751戸のゴールドクレスト。前年より約440戸増やし、順位も11位から躍進した。\n 以下、4位・リクルートコスモス(前年3位)、5位・藤和不動産(同8位)、6位・ダイア建設(同4位)、7位・住友不動産(同10位)、8位・扶桑レクセル(同11位)、9位・有楽土地(同23位)、10位・日本綜合地所(同14位)の順でベスト10入り。ほぼ倍増した有楽土地、毎年確実に戸数を増やしている日本綜合地所は初のベスト10入り。\n このほか、前年7位の三菱地所は11位に、前年9位の東急不動産が13位に、前年5位の野村不動産が14位にそれぞれ後退、新日鉄都市開発(12位)、ニチモ(16位)、オリックス・リアルエステート(18位)などの上昇が目立った。\n 30社が1000戸以上を供給した。(詳細は本紙4月28日発売号)\n
TOP