お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

不動産流通大手5社、不動産オークションサイト「オークス」を開設

  • 2008.07.03
  • お気に入り
 東急リバブル、東京建物不動産販売、野村不動産アーバンネット、三井不動産販売、三菱地所リアルエステートサービスの5社は17日、共同運営で不動産オークションサイト「AUC’S(オークス)」(http://www.auc-s.com)を開設する。同日開催する1回目のオークションを皮切りに、今年度は3回程度の実施を予定している。

 

 5社は2007年9月、「不動産オークション協議会」を発足。流通市場の活性化に向け、不動産取引におけるネットオークション手法の導入を検討してきた。会員各社の集客力をオークションに反映し、利用者の不動産取引の可能性を広げるとともに各社の商機拡大を図る。

 購入・売却時ともに、会員各社の営業担当者がサポートする。利用者が直接入札・出品せず、営業担当者が代行手続きなどを行う仕組み。出品手数料などの費用はかからないが、売買契約が成立した場合には通常の売買契約と同様に仲介手数料が必要となる。

 オークション方法は、競り上がり方式(入札期間終了後に、最低落札価格以上で最高価格を入札した人が落札。入札は何度でも可能)と、フリービッド方式(入札期間終了後に開札し、最低落札価格以上で最高価格を提示した入札者が落札。入札は1回のみ)の2種類。売主が出品時にいずれかを選択する。

 出品物件は、1都4県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)に所在する住居系の不動産。出品前に権利関係の審査や詳細な物件調査を行い、透明性を高めるとともに引渡し後のトラブルを防ぐ。オークション開催期間中は、オークス共同サイトと各社の専用サイトに物件を掲載し販売経路の拡大を図る。

 第1回オークションは、17日に物件公開開始。22日に入札を開始し、28日入札を終了する予定。今年度は、マーケットニーズやシステムの使いやすさなどを確認しながら3回程度実施する。次年度以降に出品エリアや開催方法、会員規模を拡大していく。
TOP