お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

HSBCと提携、外国人富裕層取り込みへ/三井不販、ケン・コーポ

  • 2009.03.06
  • お気に入り
 三井不動産販売とケン・コーポレーションは5日、世界的な金融機関でHSBCグループ傘下の香港上海銀行とそれぞれ業務提携したと発表した。日本に住む外国人富裕層の取り込みが狙い。両社は、香港上海銀から顧客を紹介してもらう代わりに、自社に訪れた外国人に同銀行が提供する住宅ローンなどの金融サービスを紹介する。



 香港上海銀が展開する個人向け金融業務「HSBCプレミア」は、金融資産1000万円以上を保有する富裕層を対象としている。今回の業務提携では、日本に居住し日本国内の不動産購入を希望する外国人顧客の相互送客などが柱。三井不販とケンは外国人富裕層の取り込みを、香港上海銀は「HSBCプレミア」で提供する住宅ローンの強化を目指す。



 日本では外国人が住宅ローンを組む場合、契約書が英語対応していないことが多く購入の際の障壁となっていた。「HSBCプレミア」では、関連の契約書を英訳した補助資料をもとに担当スタッフが英語で対応するなどのサービスを行えるのが強み。また、三井不販とケンは外国人対応の窓口を持っているため、HSBCからの送客にスムーズに対応できる。
TOP