お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

首都圏の中古マンション、3カ月連続で成約減少 東日本レインズ

  • 2007.11.14
  • お気に入り
 (財)東日本不動産流通機構(岩崎芳史理事長)は、10月の首都圏不動産流通市場動向をまとめた。

 中古マンションの成約件数は2556件(前年同月比3.91%減)と、3カ月連続の減少となった。一方で新規登録物件数は1万3608件(同36.26%増)と大幅な増加。2カ月連続で30%台の大幅増で、6月以降5カ月連続で2割以上増えており、在庫物件の増加傾向が顕著だ。特に東京都では新規登録物件が同53.12%増加した。

 1平方㍍当たりの平均単価は39万4600円(同12.48%上昇)と、2ケタ上昇は5カ月連続となった。新規登録単価は50万8800円(同29.70%上昇)。6カ月連続の上昇率20%超えで、2月以降2ケタ上昇、上昇率の拡大が続いている。
TOP