お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

当期純利益は13億6000万円/東急リバブル決算

  • 2003.05.12
  • お気に入り
 東急リバブル(三浦正敏社長)の平成15年3月期連結決算は、売上高404億8500万円(前年同期比20%増)、営業利益34億9200万円(同9.5%増)、経常利益34億5400万円(同9%増)。売却促進を図るため、賃貸用資産の棚卸資産への保有目的変更をした結果、評価減などによる特別損失が発生。当期純利益13億6100万円(同4.6%増)となった。\n 事業別の売上高は、主力の仲介業が234億4573万円(同7%増)、販売受託は、63億4510万円(同5.3%増)と堅調に推移。賃貸業は管理戸数を約3000戸伸ばして約2万4000戸とし、売上高も33億4271万円(同19.4%増)と大幅な伸長を記録した。\n 今期の業績は、売上高409億6000万円、経常利益36億5000万円、当期純利益14億5000万円を予想している。\n
TOP