お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

住友不動産/ラ・トゥール代官山に高級家具ショールーム開設

  • 2011.07.14
 住友不動産とインテリア販売を手掛ける住友不動産シスコンは7月16日から、代官山に高級家具のギャラリーを開設する。代官山ギャラリーは、住友不が昨秋竣工した高級賃貸マンション「ラ・トゥール代官山」(総戸数139戸)の空室部分を活用し、世界的な家具メーカー4社がそれぞれ独自にコーディネートした家具を展示する。完全予約制。同物件の入居者にはすでに案内済みで、受注実績もあるという。今後、他のラ・トゥール物件の入居者と入居を検討する人を中心に案内を始める。すべての家具が正規価格から割り引いて販売する。



 家具メーカーは、米国のドレクセルヘリテイジにイタリアのカッシーナ・イクスシーやアルマーニカーザ、B&Bイタリアを用意。20~30代の若者層から40代、シニア向けまで対応できるようにした。例えばドレクセルは、重厚感ある家具を取り揃え50~60代向けに、B&Bは20~30代を、アルマーニは40代をイメージしてコーディネートした。4社の家具を一斉に見ることができ、他メーカーと組み合わせたトータルコーディネートも容易にするのが特徴という。展示のコーディネートは総額約1000万円が中心だが、アルマーニは約2000万円の生活空間を紹介している。



 今回の試みについて住友不動産は、「シスコンの家具受注拡大が最大の狙い。ラ・トゥール代官山の稼働率は、竣工後9カ月で8割超と想定より早いペースで進んでいるが、今秋までに9割超をめざすツールとしても期待する」と話す。
TOP