お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

エス・バイ・エルの高級住宅が販売好調

  • 2003.09.10
  • お気に入り
 エス・バイ・エルの高級商品の受注が好調だ。全受注に占めるシェアは6割を超え、渡部淳一社長は「中間期決算は大幅な黒字回復を見込む」としている。\n 同社は昨年7月、中高級住宅のシェア拡大を目指し「企業(社内)建築家が作る都市型住宅」とうたい「シンプル&モダン」を発売した。「住宅メーカーでは独自性が出ないが、設計事務所に頼むと工事やアフターメンテナンスが心配」という顧客を狙う戦略が成功し、205棟を受注している。平均受注棟単価は2700万円台。\n また、昨年10月には「高級注文路線への復活」のスローガンを打ち出し、「小堀の住まい」シリーズを発売した。富裕層などに、1棟当たり5000万円台の受注を目指し、邸別完全注文住宅の受注体制を確立。デザイン、設計力に優れたスタッフを中心に、高い能力を持つ工務、工事による企業建築家集団「小堀の住まい設計工房」を東京・名古屋・大阪に設置して対応。5000万万円台を中心に順調に受注を伸ばしている。
TOP