お電話でもお問い合わせを受け付けています 受付時間 平日 9:00~17:30

TEL03-3234-2050

同潤会訴訟が東京地裁で結審

  • 2004.03.26
  • お気に入り
 東京都が旧同潤会大塚女子アパートメントの解体撤去したのは都民の文化的財産を不当に喪失させたとして、都知事を相手取って損害賠償請求を提起した住民訴訟、いわゆる同潤会訴訟が3月25日、東京地裁で結審した。\n 昨年1月、同潤会女子アパートメントの解体差し止めの住民監査請求が棄却され、今回の解体後の損害賠償訴訟に発展していた。原告側は「建物が解体されたため時間がかかったが、主張はいろいろと出尽くしたと考えている」とコメントしている。\n
TOP